ペトロマックスのラインナップと格安ショップを総まとめ!



ペトロマックスおすすめ

 

 

今日はペトロマックスのラインナップと、主な特徴をまとめました。

ペトロマックス社はランタン以外にも色々なアイテムを発売していますが
今日はランタンに特化した形で★まとめます。



 

1番人気のペトロマックスHK500

シリーズの中で1番大きいペトロマックスHK500!
ペトロマックスHK500灯油ランタン人気

カラーはご存知!3色ですが、

 

【ペトロマックスHK500ブラスは意外に安い?】
ペトロマックスHK500

黄金に輝くこの姿は最高に美しいですね~。
買った当初は金ピカですが
使い込めば込むほど、雰囲気が出るんだよね~。

定価は¥27.000ですが、ネット通販だと安く購入出来います。
ここは、送料込で¥22.539!!

ボタン

 

 

ペトロマックス ニッケルHK500安く買えるのは?

ペトロマックスHK500ニッケル

 

こちらは、ゴールドバージョンの【ペトロマックス ニッケル】

この色はよく、ブログでも見かけますし、ペトロマックスの中でも人気です。

リフレクターを装着するとこんな感じ。

ペトロマックスHK500ニッケルリフレクター

これも、購入当初はピッカピカですが、使い込んで行くと良い味出します。

ニッケルは、ブラスよりも安く通販出来る事が多く・・・

ここで¥21.600でした。(送料は無料)

ボタン

 

リフレクターの詳細と格安ショップまとめ記事も一緒にどうぞ♫

【大人の遊び】ペトロマックスのオプション装着で遊んでみよう!

 

 

 

ペトロマックスHK500アーミーはプレミア付き?

ペトロマックスHK500アーミー

つや消しタイプのアーミです。

キャンプブログ等ではあまり見かけませんが、私は個人的に雑貨っぽさから絵になって好きです。

そして、現時点ではこのアーミーだけ、定価以下で手に入りません。。。

通販市場では在庫もほぼなくて、プレミアが付いていたりします。

↓↓↓プレミア価格はこちら↓↓↓

ボタン

たまに、amazonとかで定価販売している事もあるので、どうしてもアーミーが欲しい!って人はチェックしてみてくださいね。

↓↓amazon↓↓(タイミングによっては、安く販売してるかも!)

ボタン



 

ペトロマックスHK150

ペトロマックスHK150

ペトロマックスのHK150バージョンです。

これはサイズが小さくて29cmしかありません。
タンク容量も0.38Lと、少量で、値段もそれ程大きく変わらないので
HK500より人気は低いです。

<スペック>
●サイズ/φ 13 × 29cm
●本体重量/ 1.3kg
●タンク容量/ 0.38L
●燃焼時間/約4 時間
●明るさ/ 150CP(約121W)
●カラー/ ニッケル、ブラス

 

【ペトロマックスHK150 ブラス】
ペトロマックスHK150ブラス

値段は定価が¥25.920で、HK500の¥27.000とあまり変わりませんね。
HK500の最安値ショップだと¥22.539で買えちゃうので、
小柄な割に、格安感はしないモデルです。

因みに、HK150ブラスの格安通販ショップはこちらで、
¥20.736!!(¥5.000も安い!)

ボタン

 

【ペトロマックスHK150 ニッケル】

ペトロマックスHK150ニッケル

こちらのHK150はブラスより流通してる印象がありまして、
格安通販ショップだと値段が

¥20.006!(¥5.000以上安い!)

ボタン

 

 

ペトロマックス エレクトロ

ペトロマックスエレクトロ通販

エレクトロシリーズは、コンセント使用のランタンです。
灯油を入れる必要がなく、自宅でペトロマックスの明かりを気軽に楽しみたい人におすすめのランタン。

<スペック>
サイズ/φ 17 × 40cm
●重量/ 2.4kg
●明るさ/約 40 ワット

40Cmと、意外に大きく存在感があります★

40ワットの明かりを灯すのでお部屋の雰囲気作りに良いかもしれません。

定価は¥29.160と、普通の家庭用ランタンより割高ですがペトロマックスFANから愛されています。

ネット通販だと¥22.356と、格安で購入できますよ。

ボタン

 

ペトロマックス ストームランタン LED ゆらぎバージョン

ペトロマックスストームランタンLEDゆらぎ

ペトロマックスからもLEDランタンが出てまして、
こちらは
サイズが22Cm!直径は14cm。
重さも約600g(電池含む)と軽くて小ぶりのLEDランタンです。

乾電池で作動するのが嬉しいですね。

これは、現在、ネット通販だと取り扱いショップがありません。
残念です・・・

 

 

ペトロマックス ラインナップ まとめ

いかがでしたか?

ペトロマックスのランタンといっても、かなり種類が豊富ですよね。

因みに、2015年に廃盤になったHL1は、コスパよし!美しよし!で人気でした。
詳しくは以前に記事でまとめたのでよかったらどうぞ!

ペトロマックス・ストームランタンHL1廃盤!今在庫があるのはどこ?!

主にHK500が人気ですが、もう少し小ぶりな物を!という事ならば
HK150がおすすめですが、小ぶりな割に、値段が・・・苦笑

ペトロマックス愛好家さんに、家庭でも楽しんで欲しい!という意味を込めて、
コンセント対応やLEDランタンも出ている事からもわかりますが、
やっぱり!ペトロマックスのランタンは、何か惹きつけられる物がある!

このボディーもそうですが、ロゴなんかもかっちょいい★

なんか、ペトロマックスのランタンは車に似ているな~。
と思うのです。(笑)
高級車でベンツやBMW,アウディーなどの愛好家さんは、
「この車がいい!」と信念を持って乗っていますよね。
車の性能や機能性だけを考えたら国産だって良い車はあるのに、
やっぱり、ベンツやBMW等から醸し出すブランド性っていうか、匂いが好きなんですよね。

ペトロマックスも、その感覚と同じような気がする私です。(笑)
ペトロマックスはコールマンより割高だけど、欲しい!かっこいい!
ブランドから醸し出す雰囲気が好き!
そんな所でしょうか。

最後は私の気持ちを書いてしまいましたが・・・

素敵なランタンと、素敵なアウトドアライフをすごしてくださいね。
それでは!



 

ペトロマックスの火入れ方法~簡単な手順~



ペトロマックス

 

ランタン愛好家から、熱い支持を持つペトロマックス。
休日のキャンプやアウトドアに!
ペトロマックスを持っていきたいな~
そんなあなたへ!

今日は、ペトロマックスの使い方を紹介します。

 



まずは燃料を入れよう

ペトロマックスの燃料はご存知!灯油。

燃料キャップを外して、規定の量だけ灯油を入れましょう。
この時、入れすぎちゃいけませんよ!
大体、燃料タンクの7分目位でOK!

 

因みに、HK150=0.3L位。 HK500=1L位です。

 

 

キャップを閉める時の注意点

次に燃料キャップをしめますが、
その時、↑を必ず上向きにして締めましょう。

グリップホイールペトロマックス使い方

 

マントルを取り付けよう

次にマントルを取り付けます。
ヘッドカバーにネジが2つついていますがこれを緩めて、
カバーを外します。(頭の部分のカバーね。)

ノズルが付いているカバーも外します。

ホヤも外します。

露出しているインナーチムニーの下の方にマントルを取り付けて・・・と・・・
糸は引っ張ってくださいね。

そして、余った糸は必ず切り取りましょう!

余った糸をそのままにしておくと、マントルが破れる危険性があるので、
3~5mmほど残して切り落としちゃおう。

マントルの取り付けが終わったら、ホヤを戻して、ヘッドカバーもはめて、ネジも固定します。

 

ランタン内部の圧力を上げていきます

次に、圧力調整スキュリューをしっかり締めて・・・と・・・

ポンピングをしてみます。
目安は、圧力計の赤い線を超えない所まで!ポンピングをして圧力を上げていきます。

 

マントルのカラ焼きと余熱をしていきます

余熱バーナーを開いて。。。と・・・
穴にチャッカマンを差し込み、着火!

そうすると、火が!?
ここでビックリしちゃいけません。大丈夫ですよ。

マントルに火が移るので、マントルのカラ焼きもしていきます。

そうこうしていると、圧力が下がってくるので、ポンピングを追加してくださいね。
目安はさっきと同じ、赤い線までで!

マントルのカラ焼きが終わっても、余熱バーナーを開いてもう一度着火!
そのままホヤ内部をプレヒート(余熱)してください。

 

いよいよ灯油に引火です!

マントルのカラ焼きと、余熱が終わったら、
青いグリップホイールの矢印を、下向きにしましょう。

※素早く!ではなく、「ゆっくりめ」でお願いしますよー。
素早く回すと、マントルが破ける可能性が!涙

ボッ!といい音を出しながらマントルに点火します。
この瞬間が良いですよね~!

点火したら、また、追加ポンピングをしてください。
これも、さっきと同じく、赤い線までで、OK!

 

 



ペトロマックスを消す時は?

消すときは、圧力を下げればOKなので、圧力調整スクリューを開いてください。

 

 

ペトロマックスの火入れ まとめ

燃料系のランタンは、マントルを装着したり、カラ焼きしたり、圧力がうんぬんかんぬん・・・
最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、
慣れれば楽しい作業ですよ。

色々なサイトさんでペトロマックスの火入れ方法は細かく紹介されていますが、
臆する事なかれ!慣れれば大丈夫!

ペトロマックスの美しいランタンに、火が灯った瞬間は感動だし、
なにより!火入れを自分で出来る!ってのがたまらなく楽しいのであります★

皆さんも、憧れのペトロマックスで、癒しキャンプを楽しんでくださいね!

それでは!